読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ぺんてる マルチ8」と「ゼブラ サラサドライ」

バレットジャーナルをはじめるついでにいくつか文房具を買い足しました。ボールペンと色鉛筆。



ボールペンはゼブラのサラサドライの0.4mm。いつもは三菱のジェットストリームを常用しているのですが、ジェットストリームはスラスラ書けるものの、インクの液だまりがけっこうできてしまうんですよね。太さにもよるのですが、これはちょっと手帳には向きません。ということで買おうと思っていたのが、液だまりしにくいのが売りの「ユニボールシグノ307」。で、店頭で試したんで、確かに液だまりはできにくいのですが、隣にあったサラサドライを試したらこっちのほうがいい感じなんですよね。液だまりという視点ではどちらも同じくらいで、サラサドライのほうが速乾インクのぶん、液だまりができても汚れにくそうだということでこれにしました。
ちなみに今回使うMDノートは紙質が優れてるので、あまりボールペンを選ばない気がしてます。前使ってたモレスキンはペンを選ぶ紙質ですね。


ぺんてる マルチ8セット  PH802ST  色芯8色

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色


バレットジャーナルといえば、可愛い書き文字とカラフルで楽しそうな雰囲気が人気です。もちろん色分けも情報整理のポイントではあるので、最初は多色ボールペンでいいかと思っていたのですが、ボールペンの色だとはっきり出すぎるのでちょっとマッチしないんですよね。淡い色でボンヤリ描画できるほうがそれっぽいので色鉛筆を物色。むかし仕事で一緒だった人が使っていた、色鉛筆の芯をつけかえてコンパクトに使えるホルダーをさがしてたところ、このぺんてるのマルチ8を発見。そういえばお店でみたことある。ということで替え芯と芯削りがついているマルチ8セットを注文。


bunguoshop.com


実際に使ってみると、思っていたよりコンパクトで使いやすいですね。色鉛筆セットを持ち歩くことを考えたら、これは素晴らしい色鉛筆ホルダーです。本体デザインもぺんてるデザインらしくスマートです。(ぺんてる文房具好き)セットで買うとちょっと割高感はあるので、お試しに買ってみる場合は単品で買うのがよいかもしれませんね。替え芯をみていると果たして使い切れるのか…という気持ちにもなります。
ちなみに3色ボールペンと組み合わせたスーパーマルチ8という兄弟製品もあります。そのうち試してみよう。


この2本でしばらくバレットジャーナルしてみます。しかしボールペンのデザインってなかなかよくならないな…。丸みとか曲線を多用したデザインはあんまり好きじゃないんですよね。ここらへんの選択肢をもっと。




ぺんてる マルチ8セット  PH802ST  色芯8色

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

ぺんてる シャープペン マルチ8 PH802  ホルダータイプ

ぺんてる シャープペン マルチ8 PH802 ホルダータイプ

ぺんてる スーパーマルチ8セット  PH803ST

ぺんてる スーパーマルチ8セット PH803ST