読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週読んだ本(1/11)

今年は読書量を増やそうかと思い中。
今週読んだ本をメモしておきます。
いずれも以前にKindleのセールで購入したやつ。

「黒い家」貴志祐介


黒い家 角川ホラー文庫


保険金殺人をテーマにしたホラー。
和歌山の毒カレー事件や尼崎の監禁事件のやつを思い出します。
京都が舞台なので、自分にとってはリアリティありました。


貴志祐介は「新世界より」がすごく面白かったです。
なんか語り口が淡々としているところが、すごい怖くてよかった。
この作品にもその感じありますね。


中盤以降はテンポよく進むので読みやすかったけど、
序盤はわりとボンヤリとした展開だったので、なかなか読み進められ
なかったところはあります。

「40代、職業・ロックミュージシャン」大槻ケンヂ


40代、職業・ロックミュージシャン 大人になってもドロップアウトし続けるためにキッチリ生きる、'80年代から爆走中、彼らに学ぶ「生きざま」の知恵 (アスキー新書)


週刊アスキーに連載されていた、大槻ケンヂの対談連載をまとめた本。
対談相手はバンドブームあたりの80年代に活躍していたアーティストたち。
まあ40代になって時代も移り変われば…という話です。


週刊誌的に読むのには面白いですが、後から読み返すとかはなさそう。




黒い家 角川ホラー文庫

黒い家 角川ホラー文庫

新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)

広告を非表示にする