読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎名純平のライブにいってきた

https://www.instagram.com/p/BJWZwdxgTiT/



椎名純平のライブが京都であるとのことで、いってきました。8/20の京都アンテルーム。1ヶ月くらいまえに日程はチェックしていたのですが、そのときは詳細がでていなかったんですよね。またあとで確認しようと思いつつも忘れ、当日になって「8月下旬になんかあったような……あ」と思い出して無事にいけました。思い出せてよかった。


blog.goo.ne.jp



10年ぶりに新しいアルバムがでているのですが、これライブ会場でしか買えないという珍しい流通形態なんですよね。いつ何時でも新譜を買って聴けるという今の時代で、逆にこういうのは面白いなーとは思うのですが、なんせ会場いかないと買えないし聴けないという現実。今までライブいったことないのですが、これはいかないと…と思っていたのです。ちょうどラジオ(タマフル)でもスタジオライブやったところでしたし。


アンテルームは京都駅から南のちょっとした町外れにある、アート系の…とでもいうんでしょうか、とてもおしゃれなホテルでした。こんな感じのホテルがあるとは知りませんでしたが、ここでライブをやるのは3回目とのことです。バーのあるラウンジというかロビー的なところが会場。こじんまりとはしているのですが、かなりいい雰囲気ですね。すでにセッティングされたピアノの斜め前2mくらいのところのソファに座ってみてました。ここのバー、ボウモアとかラフロイグなどアイラ系のシングルモルトが置いてあっていいですね。久しぶりにシングルモルト飲みながらライブを楽しみました。


f:id:mot_sa:20160820195402j:plain


初めてみる生椎名純平、とてもよかったです。エレピの弾き語りスタイルで、足元のストンプボックスを鳴らしてビートを作りながら弾き語るスタイル。ずっと聞いてた1stアルバムから「世界」やってくれてうれしい。休憩を挟んで2部構成だったのですが、同じ内容での2セットかと思ってたら、前半後半のつくりでした。1部だけで帰ろうと思ってたけど、ここはやはり全部みないとってことで。「Just the two of us」「Sweet Memories」とかのカバーもよかったです。あとはわりと新しいアルバムの曲中心でしたが、どの曲もかっこよく、弾き語りとはいえ絶妙なスロウジャム、最高のグルーヴに酔っ払いました。


終演後はピアノの前で新しいアルバムの手渡し販売。一番に寄ってアルバムを購入し、サインをもらいました。持参した1stアルバムにもサインしてもらい、「同じ学年なんですよー」とか話してたらがっちり握手。写真もとってもらいました。何をお願いするにも「もちろんもちろん」とつきあってくれて、すごい気さくな人で感動。慣れない場所で緊張しましたが、いってよかったです。アルバムももちろん最高。



椎名純平

椎名純平

甘い夜の薫り

甘い夜の薫り

discover

discover

だしの取りかた

だしの取りかた