読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのケースとリングを新調した

iPhone いいもの

iPhone6sにつけて使っている「iRing」、自分にとってはもはや「あって当然」の存在になっています。便利なオプションという気持ちすらなくなるほどの絶対的安心感。Kindleにもつけてるし、片手に余るガジェットには外せない感じです。


そんなiRingですが、iPhoneにつけてあるやつがちょっとゆるくなってきました。寝かせている(閉じている)状態から起こそうとしたときの、角度にして10度くらいの範囲がちょっとゆるくなってきた感じです。完全に開いた状態ではそのゆるさは感じないのでしばらくは使えると思うのですが、ちょうどケースを買い換えようかなとも思っていたので、ケースと一緒にiRingも新調。といっても同じ色ですけど。フック付きのが売ってたのでそれにしました。




今まで使っていたのはspigenの透明ケースなんですけど、ちょっと黄ばんできたんですよね。透明ケースではよくあることだとは思うのですが。あと、やっぱりちょっと厚いんです。これはまあしょうがないんですけどね。当初は10万円の電話を守るために多少の厚みは必要だと思っていたので。ただ、iRingして使っているとほぼ落下させてしまうことはないので、ちょっと薄くしてもよいかなと思い始めていたところなのです。


買ったのはド定番のパワーサポートのエアージャケット。クリアタイプのものにしたのですが、マットクリアでもよかったかなと…という気持ちもありつつ、やっぱりiRing貼るしクリアのほうがいいはず、と思い直してます。デザインも薄さも申し分ないですね。Amazonのレビューだと「しばらくするとコーティングが剥がれてくる」というのが多いので、覚悟してはいるのですが、そのへんも様子みながら使いたいと思います。




そんで、iRingを装着。ケースが薄くなったこともあって、持った感じは今までと違いますね。指の腹への接地面積が少なくなったせいか、ちょっと不安が増しますが、慣れの範疇かと。iRingとかバンカーリング的な機能がついてある薄型ケースがあるといいのになあ。