KOHHとAKLO

KOHHとAKLOの新譜がでたのでなんかいろいろ考えながら聴いてます。自分の中だとこのへんが国産最新ヒップホップのイメージで、AKLOはひとつ前の世代の最後、KOHHは最新トレンドの最初、っていう感じ。今年はやっぱりいろいろ熱いんじゃないのかな。2016年のシーンはちょっと分岐点になりそうな気がします。

「Outside the Frame」AKLO


Outside the Frame(通常盤)


安定のO.Y.W.M仕事。AKLOはフロウが好きです。口にだして歌いたいリリック。なんかのインタビューで「いまだにRGTO最高とかいわれると…」とかいってて、その気持ちもわかるけどもやっぱRGTOの1st verse最高。SARUもあの路線の曲聴きたい。リード曲のMcLarenのビデオも面白いです。このチームの絵面はいつみてもなんかイイ。特にマイキー。アルバム全体は深夜3時くらいにしみじみ聴きたいチル感漂ってる感じです。たぶんラップのリズムも複雑になってると思うんだけど、そこであんまりトリッキーに感じないのがいいところかも。


「DIRT II」KOHH


DIRTII[初回限定盤]


なんかずっとKOHHの良さがわかんなかったんですよね。巷では誰もが絶賛してるのですが、自分にはピンとこなくて、これはいったいどう理解すればいいのか…と考えていたわけです。声が気に入らないな…と思いながらもYouTubeをよくみてました。それでもYouTubeで見てるんだから、まあ何かしらひっかかるものはあったんですよね。ある日突然思いついたのが「これはヒップホップではない何か新しいものなんじゃ?」ということ。ラップのフォームが自由すぎて、90年代のオルナタティブロックみたいな雰囲気というか、そういうものを念頭に置くとすごいしっくりきました。わかった!←遅い




「フリースタイルダンジョン」でフリースタイルの注目度が上がっている昨今ですが、今ってヒップホップ全体でけっこう面白い時期なんじゃないかと思います。こういう新世代の音源がどんどん出てくる中、LIBROの新譜もすごくいいし、さんピンキャンプもあるし、THCとか変化球もあるしね。フリースタイルだけじゃなくって、いろいろな音源がまとめてリリースされてすごい盛り上がってる感じします。般若もANARCHYも新譜楽しみ。




DIRTII[初回限定盤]

DIRTII[初回限定盤]

Outside the Frame(通常盤)

Outside the Frame(通常盤)

BLKFLG

BLKFLG

グランドスラム(限定盤1)

グランドスラム(限定盤1)

広告を非表示にする