読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゼンデギ」を読む(7)

読書

第2部 その3

  • マーティンが腫瘍の手術を受けて1ヶ月経過、5年後生存率は30%
  • オマールのところで息子ジャヴィードとゼンデギを週一で楽しんでいる
  • 自身の死後のジャヴィードの養育について考えるが、下品だったりするオマールには任せられない
  • ナシムはキャプランのアイディアを受けて、サッカーのイラン代表をスキャンする
  • 研究は加速し、ゼンデギでの人格再現は具体性を帯びてきた
  • ゼンデギでのイラン代表のプレイをみてしまうマーティン
  • 「ゼンデギ内で生きて、息子の成長を助けたい」とナシムにお願いする
  • 許諾したナシム、ゼンデギ内で行動するマーティンをスキャンしてデータを収集する
  • ナシムはゼンデギでの研究活動を非難されている
  • 人工肝臓が用意されるが、ゼンデギのスキャンが終わるまで、マーティンは手術を拒否する


ちょっと間は空いてますが、少しずつ読み進めてます。
マーティン自身がゼンデギ内に生きる選択をしてました。
その流れか。


ゼンデギ内の描写が、何か意味あるんだろうとは思うのですが、舞台すらうまく想像できず…。
映像化してほしい部分ではあります。



ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ディアスポラ

ディアスポラ