星野源「働く男」

働く男 (文春文庫)


2013年に発売された星野源の著書が文庫化されたので買いました。
やっぱり面白いし、ちょうどいい。
映画評から小説、作品解説など割と雑多な内容です。

  • 働く男
  • 書く男
  • 歌う男
  • 演じる男
  • そして、また働く男

…といった章立て。
いろんなことをやってる人の、いろんなことが書かれています。
又吉直樹との対談も。


これは星野源が倒れる前に書かれたもので
まえがきにはそれを踏まえた今の心境が書かれています。
それもまた味わい深いですね。
自分も働きたくない。


こういう本は風呂にでもつかって、半分眠りながら読むのがいいなあ。
湯船に落としてもダメージの少ない文庫本で。



働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

広告を非表示にする