読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSの「ファミリー共有」を調べてみる

Mac Fan 2015年8月号 [雑誌]



いよいよはじまった「Apple Music」を試してみようと思ったのですが
家族で使うのなら「ファミリー共有」が安くつく感じ…。
そのへんどんな感じかを調べてみました。
(しばらくは無料期間なので、そのへんは後で設定でもよいかも)


「ファミリー共有」はiOS8からの機能で、確か家族でいろいろ共有できる機能。
でもよくわからなくて、使ってなかったのです。


Apple - iCloud - ファミリー共有

  • さいだい6人までファミリー設定できる(オーガナイザーを含めて)
  • 支払いがファミリーオーガナイザーのアカウントにまとめられる。
  • 一人が購入したコンテンツやアプリはファミリーで共有できる。
  • 購入は承認制にできる。
  • 写真はファミリーの共有アルバムで共有できる。
  • カレンダーも共有できる。
  • 全員の現在地を共有できる。
  • 全員のデバイスが探索可能になる。
  • 13歳未満の人でもAppleIDを持てる。


…といったところが主な機能。
実際の使い方については下記の感じです。


internet.watch.impress.co.jp

c-through.blogto.jp


家族間プライバシー云々の話はあるけども
購入コンテンツを共有できるのは便利っぽいんですよね。
ただ、これ課金コンテンツ系だと対応・非対応があるんだよなー。
買い切りのコンテンツであれば問題ないのですが。


c-through.blogto.jp


導入にはちょっと悩むところ。
音楽以外のコンテンツについては、あまり今と変わらないんですよね。
写真の共有とかは今までのiCloudでもできるしなー。


しかし、Apple Musicだと2人で共有するだけでも月に500円くらい安い。
音楽コンテンツの共有はかなりいいんですよね。
Apple Musicを3ヶ月無料で使ってみてからどうするか決めようかな。


ひとつ気になるのは、ファミリー共有にメンバーとして切り替えた時に
それまで購入してたものはどうなるのかというところなんですけど、
そこもちょっと調べていこうとおもいます。