国内旅の段取り(お金を計算・宿泊編)


次は宿泊費用のチェックです。
このあたりはけっこう旅の目的で変わりますね。

ビジネスホテル系

まずはビジネスホテル系をチェック。
このあたりを宿泊の最安値として考えます。


都市部で遊ぶ場合はビジネスホテルも悪くないです。
寝るだけでいい場合とか。
食事は外で名物食べて、お風呂も近くの温泉で、という感じなら。


東横インスーパーホテル,
APAホテルあたりのサイトで確認。
最安をさがすなら楽天トラベルもありです。
アメニティ系は用意されてないとこもあるので注意。


何気にビジネスホテルのオマケ的な朝食が好きです。
あと、子供連れでも添い寝なら無料とかなので案外いけます。
ビジネスホテルで宿泊費を抑えて、食事やお酒にあてるのもいい選択。

旅館系

あとは旅館系。
このへんは食事や温泉とあわせて検討ですね。
楽天トラベルじゃらんで調べます。
でも案外いいのはトラベルコちゃん
楽天トラベルもじゃらんも一括でまとめて検索できるので。

ここでいきたいエリアの旅館をチェックしていきます。
素泊まりや一食付きなどいくつかプランがあります。
このあたり、旅のコンセプトとあわせて検討ですね。


食事の内容、部屋の広さ、バストイレの有無、設備やアメニティ、駐車場などが個人的なチェック項目ですね。
洋室でベッドの場合はベッドの大きさも要確認。
セミダブルに2人とかはちょっと厳しそうです。
あとは子供料金も宿によってけっこう違うので、そのへん忘れずにチェックしましょう。


あとは口コミですね。
これみちゃうとなかなか決められかったりもします。
評価軸が人それぞれなので…。
いろいろある中から客観的な感想を見極めましょう。
どうしてもマイナス評価のほうが印象に残ってしまうものですが、そういう口コミは同様のものがどれだけあるかで判断するのがいいと思います。


で、いろいろ調べてると、ここらでかなり具体的な価格イメージができてきたと思います。
価格にも幅がありますし、旅の目的もいくつか方向性がみえてきているところ。
ここでいろいろと予約をする前にいったん落ち着きます。

旅の目的と日程、それにあった交通手段と宿を絞り込みましょう。
観光地めぐり、買い物、食事、温泉など。
図書館で借りてきたガイドブックやWebをみたりしながら。
最近はYouTubeとかでも旅先の映像がさっと確認できるので、それでみてみるのもオススメです。


ここがなかなか迷うんですよね。
どの要素もバランスよく、という感じだと特に決まりません。
軸を決めましょう。


今回の旅は宿でゆっくりする、のを軸に考えることにしました。


これからまたいろいろ変わっていくんですけどね。

吉田類の酒場放浪記

吉田類の酒場放浪記


ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった

ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった