読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水木しげる「ビビビの貧乏時代」

図書館で借りて読みました。
水木しげるの自伝的短編をまとめた文庫コミックです。
なんか図書館には水木しげるのコミックが多い気がする。


貧乏エピソードの登場人物がそれぞれ濃すぎるので、人間が妖怪にみえてくる…
アシスタントやってた池上遼一の話ものってます。
こういう60年代くらいのゆるい都会の感じをみてると、なんだかほっとする部分もあります。


そういえば子供の頃兄弟が買っていたボンボンに水木しげる本人作の「ゲゲゲの鬼太郎」が載ってたけど、すごい異質だったのを覚えてます。
当時は楳図かずお水木しげるがとても怖かったなあ。


たまにこういうのを読みたくなります。